MENU

コドミンは何歳からが適正?【早すぎるとだめ?】

コドミン何歳から

落ち着きがない子が飲むと効果的と言われているコドミンですが、何歳から飲むのが1番効果的なのか、何歳から飲むことができるのかとっても気になる部分ですよね。

 

そこで今回は、コドミンは何歳から飲むのが効果なのかについて調べてみました。

 

これからコドミンの使用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

コドミンは何歳から飲むことができるの?

 

コドミンは、薬ではなくサプリメントなので何歳からといったきまりはありませんが、サプリメントで噛み砕いて飲む必要があるので、ある程度歯が生え揃う3歳くらいから飲み始める方が喉に詰まらせてしまうといった心配なくコドミンを使用することができると思います。

 

 

コドミンはどれくらい飲めばいいの?

 

コドミンは栄養補助食品のため、1日どれくらい飲まないといけいとか、どれくらい飲むといった決まりはないのですが、1回に大量い飲んだからといってすぐに効果が出るといったものでもないので、1日に1粒〜2粒を継続して飲むことが大切になってきます。

 

習慣をつけるのに良い方法としては、時間を決めて飲むことをおススメします。

 

毎日違う時間にコドミンを飲んでしまうとついつい飲み忘れてしまったり飲む習慣をつけるのが難しくなってしまいます。

 

そのため例えば、朝ごはんを食べた後に1粒飲むと決めておけば、飲み忘れを防止することにもつながると思います。

 

コドミンは、ラムネ味なので、お子さんでも飲みやすいサプリメントです

 

小さいお子さんだとどうしても薬が苦手で飲めないといったことが出てきてしまい、そういった面でも何歳から飲める?と気になってしまう部分ではあると思いますが、コドミンは、ラムネ味なので、薬を飲むことが苦痛になってしまう心配もありません。

 

毎日飲むのにすごく苦痛に感じてしまったらすごくお子さんにとっても可哀そうなことになってしまうし、親にとってもコドミンを飲ませることがストレスになってしまっては続かないですしね。

 

そういった部分でもコドミンは何歳から飲んでも安心だと思います。

 

コドミンは何歳から飲めるの?についてのまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、コドミンは何歳から飲めるかについてまとめてみました。

 

コドミンは、薬ではなく栄養補助食品のため何歳から飲めるといったきまりはありません。

 

でも噛み砕いて飲む必要があるため、歯が生えそろう3歳くらいからが、誤嚥などの心配もなく習慣化するのに最適かもしれません。

 

もちろん必ずしもこの年齢になっていないといけないわけではないんですがお子さんの様子を見ながら決めるのが大切になります。

 

そして、コドミンは量をたくさん飲むよりも続けることが大切になってくるので、毎日ある程度決まった時間に飲むことをおススメします。

 

そうすることで飲み忘れなどの予防にもつながるのです。

 

コドミンを使ってお子さんが少しでも生活しやすい環境づくりをしていくようにしましょう。

 

そうしたことがお子さんの自信にもつながり楽しい毎日を送ることができるようになるのです。

 

>>コドミンの公式サイトはこちら